顔見世

f:id:mfujino706:20191220171831j:plain
幸運なことに顔見世のチケットをいただくことができたので、南座へ出かけた。f:id:mfujino706:20191220180230j:plain
夜の部で4作演じられたが、魚屋宗五郎の芝翫が熱演であった。
若手4人による越後獅子も良かった。f:id:mfujino706:20191220180219j:plainf:id:mfujino706:20191220180315j:plain
贔屓筋による竹馬と呼ばれる歌舞伎独特の花輪?f:id:mfujino706:20191220180758j:plain
場内は和服を着飾った女性が多くそれだけでも華やかであるが、芸舞妓の姿もちらほらとあり、なお一層の輝きが目についた。f:id:mfujino706:20191220180919j:plain
唐紙文様の緞帳