堺町二条

古来陰陽道では、北東(艮)の方角は鬼が出入りする方角として、また対角線の南西は裏鬼門とも呼ばれ、ともに忌み嫌われていた。
鬼門から鬼が入らないようにと、平安京では北東の守護として比叡山延暦寺が建立され、裏鬼門には石清水八幡宮が当てられた。
庶民の家でも様々な工夫がなされ、鬼の嫌がる柊の木を植えたり、難を転ずるとして南天を植える家も多い。
現代でも京都の街なかにはいたるところに鬼門除けを見ることが出来る。
そんな中、ここではちょっと変わった鬼門除けを載せていきたい。

f:id:mfujino706:20210121164018j:plain
我が家の近所ではあるが、普段あまり通ることのない場所である。
久しぶりに通ったら、新しい建物が。おまけに鬼門除けまで発見できた。
f:id:mfujino706:20210121164034j:plain
新しい京町家とも呼べるのだろうか?室外機が隠されているのも奥床しくて好感が持てる(お隣も)。