大文字山

f:id:mfujino706:20210504104136j:plain
GW中の5月4日のこと。
巣ごもりばかりではつらいのと、YAMAPというアプリを入手したのでそれのテストを兼ねて、お手軽ハイキングに。
銀閣寺道の新緑まばゆい琵琶湖疏水を抜けて、目指すは大の字。f:id:mfujino706:20210504114344j:plain
天気も良く、登山道入り口から人で一杯。幼稚園児や小学校低学年の子どもたちに交じって、ひと踏ん張り。f:id:mfujino706:20210504114140j:plain
大文字の火床付近は、間違いなく密になっていた。f:id:mfujino706:20210504114154j:plain
f:id:mfujino706:20210504114754j:plain
大の字の横棒だけでなく、二画、三画部分まで人がいた。

市街地から30分でこのような景色が楽しめるのが、京都のいいところの一つであると思っている。

粟田神社

f:id:mfujino706:20210220110401j:plain
この神社の石段を下ったところに東海道が走っていて、京の七口の一つ粟田口があり、古来京を行き来する旅人が旅行の安全を祈願したことから旅立ち守護として崇敬を集めたとされる。f:id:mfujino706:20210220110153j:plain
神社の由緒によると、旧社名は、感神院新宮と称されていたが、明治になり粟田神社と改称されたとのこと。f:id:mfujino706:20210220110851j:plain
粟田口と言えば、刀工三条小鍛冶宗近を思い出すが、彼を祀っているのが末社の鍛冶神社である。f:id:mfujino706:20210220110834j:plain

秋の粟田祭が有名で、1001年がその始まりである。祇園祭山鉾の原型とされる剣鉾差しは圧巻である。

京町家・for rent

f:id:mfujino706:20210319112043j:plain
街中に残る立派な京町家。
売り出しではなく、テナント募集とあるから、現状のまま(少なくとも外観は)活用するということだろう。願わくば、このまま存続してほしい。f:id:mfujino706:20210319112054j:plainf:id:mfujino706:20210319112106j:plain
いまどき、ばったん(ばったり)床几が残っているのはかなり貴重である。これだけでも十分な値打ちがある。

京町家・売り出し中

f:id:mfujino706:20210421164019j:plain
地下鉄丸太町駅徒歩5分、京都御所徒歩1分。ただいま売り出し中。
f:id:mfujino706:20210421164108j:plain
最近の販売は紙ではなく、こんなものを駆使していると初めて知った。
スマホをかざしてみると、1億6千万円と表示された。面積等詳しく知りたい方は、現地まで。