上賀茂遊泳術講習場

f:id:mfujino706:20210727142153j:plain
京都ゴルフ倶楽部上賀茂コースには、小池と言う名の池がある(Googlemapにも載っている)。
f:id:mfujino706:20210727142209j:plain4番ホールティーグランドから西方向を見れば、何やら小屋があり子どもたちの歓声が聞こえてくる。f:id:mfujino706:20210727145347j:plainあまり近づくと問題なので、この辺りが限界だが、子ども達が泳いでいるのが分かるだろうか?
よく分からなかったが、ふんどし姿の男の子もいたような、、、?
f:id:mfujino706:20210727145400j:plain
スイミングスクールではなく、あくまでも遊泳術講習場である。習うのは古式泳法

なぜゴルフ場の中に在るのかと言えば、こちらの方が古くからあるからである。この標識は昭和2年に建てられたものらしい。

過去の記事から

下鴨蓼倉町

古来陰陽道では、北東(艮)の方角は鬼が出入りする方角として、
また対角線の南西は裏鬼門とも呼ばれ、ともに忌み嫌われていた。

この鬼門から鬼が入らないようにと、平安京では北東の守護として比叡山延暦寺が建立され、
裏鬼門の守護は石清水八幡宮が当てられた。
庶民の家でも様々な工夫がなされ、鬼の嫌がる柊の木を植えたり、
難を転ずるとして南天を植える家も多い。

現代でも京都の街なかにはいたるところに鬼門除けを見ることが出来る。
そんな中、ここではちょっと変わった鬼門除けを載せていきたい。

f:id:mfujino706:20210610114718j:plainf:id:mfujino706:20210610114701j:plain
個人の敷地に車が侵入しないようにガードされている場所に(京都で言うところのいけず石の代わりか)、ヒイラギが植えられている。鬼門除けとしては強固な作りで、鬼もなかなか入ってこれないのではなかろうか?

後祭・祇園祭

四条に用事があって出かけた帰り道、今日が18日で後祭の鉾建てが始まる日だということを思い出し、新町通を北上した。
こちらは大船鉾↓
f:id:mfujino706:20210719140552j:plain
f:id:mfujino706:20210719140811j:plain
新しいからか、長刀鉾などと違って足場を組んでの鉾建てである。f:id:mfujino706:20210719140758j:plainf:id:mfujino706:20210719140706j:plainみなさん、蘇民将来の子孫である(笑)f:id:mfujino706:20210719140829j:plain釘を1本も使わず組み立てる「縄がらみ」という伝統工法。

こちらは南観音山↓
f:id:mfujino706:20210719141634j:plain
屋根の上に青松を飾るのは知っていたが、このように長さや太さを調節し、毎年現場で作業しているとは知らなかった。貴重なものを見せてもらった。f:id:mfujino706:20210719141713j:plain
鉈や手斧で削っているところ。f:id:mfujino706:20210719141802j:plainf:id:mfujino706:20210719141837j:plainf:id:mfujino706:20210719141937j:plain
こちらは北観音山↓
f:id:mfujino706:20210719141916j:plain鉾建てには(この場合は山)すごい量の縄を必要とすることが良く分かる。

去年に引き続き巡行はないのだが、後祭11基のうち6期が山鉾建てを行ったらしい。2年空白が出来ると、組み立てを始めお囃子やその他技法が途絶え、技術の伝承が困難になって来るからあえて建てたとのこと。

f:id:mfujino706:20210719142514j:plain祇園祭と言えば屏風祭りも楽しみの一つである。特にこの藤井家は豪華なお宝を拝見出来るので有名だが、今年は宵山もないため通りからの見学だけのようである。f:id:mfujino706:20210719142536j:plain

檜扇・祇園祭

f:id:mfujino706:20210716115609j:plain
ご近所からいただいた檜扇が見ごろを迎えている。
f:id:mfujino706:20210716115556j:plain
「檜扇は,古来より厄除けの植物とされており,祇園祭の期間中,京都では民家の床の間や玄関へ檜扇を飾る習慣があります。」京都市ホームページより
f:id:mfujino706:20210711081603j:plainf:id:mfujino706:20210711081552j:plain
こちらは11日に行われた函谷鉾の鉾建て。

今日は16日、いつもなら宵山四条通一帯は大賑わいだが、今年は一部で鉾は建ったもののお囃子もなく寂しい宵山となるかもしれない。

椹木町堀川

古来陰陽道では、北東(艮)の方角は鬼が出入りする方角として、
また対角線の南西は裏鬼門とも呼ばれ、ともに忌み嫌われていた。

この鬼門から鬼が入らないようにと、平安京では北東の守護として比叡山延暦寺が建立され、
裏鬼門の守護は石清水八幡宮が当てられた。
庶民の家でも様々な工夫がなされ、鬼の嫌がる柊の木を植えたり、
難を転ずるとして南天を植える家も多い。

現代でも京都の街なかにはいたるところに鬼門除けを見ることが出来る。
そんな中、ここではちょっと変わった鬼門除けを載せていきたい。

f:id:mfujino706:20210422104852j:plain
比較的最近に新築されたと見受けるが、立派な鬼門除けが施されているのがうれしい。f:id:mfujino706:20210422104906j:plain