すし岩

f:id:mfujino706:20210720202037j:plain
アップルの創業者スティーブ・ジョブスは京都が好きで、よく来ていたようである。最後に入洛した時に、この店でお寿司を食べ、「人生で初めてこんなおいしい寿司を食べた!」と語ったという逸話が残っている。ジョブスはほとんどサインをしないらしいので、とても貴重な1枚だとか。f:id:mfujino706:20210720202017j:plain下のサインは一緒に来店した奥さんか娘さんが書いた物(聞いたが忘れた)。

f:id:mfujino706:20210720201918j:plain
ジョブスが座った席に座る友人のN君。
この席は世界中のジョブスファン憧れの場所である。

f:id:mfujino706:20130624181613j:plain
外観の写真は8年前に撮ったもの。

大久保利通旧邸

f:id:mfujino706:20210610110951j:plain
西郷さん好きの人にとって、大久保さんの評判はすこぶる悪いようである。
その邸宅は、薩摩藩邸にほど近い河原町今出川南西にあった。
f:id:mfujino706:20070504150352j:plain
これは2007年に撮ったもの。
f:id:mfujino706:20210610111030j:plain
その後このように建て替えられたが、石碑だけは健在である。

別の場所で小松帯刀の屋敷跡も確認されているが、西郷さんのそれは不明である。
最近になって、この辺りであろうという場所が推定されたが、さて真偽のほどは、、、?

青松寺

f:id:mfujino706:20210805103229j:plainf:id:mfujino706:20210805110502j:plain
青森旅行(8月)の目的の一つは、このお寺を訪ねることにあった。
ご住職(僕らは親しみを込めて和尚さんと呼んでいる)は、本山(本門佛立宗宥清寺)での会議に参加するため、2,3か月に1回京都に来られる。その時は必ず松長で食事をされるので、いつの頃からかお近づきを得て親しくさせていただいている。
毎朝5時前に起きだして、訪れる檀家さんたちと一緒にお勤めをしている、極めて真面目なお坊さんである。
今回は、前夜に美味しい海の幸を出してくれる店で会食し、この日は八甲田山を案内していただいた。

鬼門封じ・朝日新聞記事

f:id:mfujino706:20210829150334j:plain
朝日新聞8月8日付京都版「古都ぶら」欄に、「鬼門封じ」と題する「鬼門除け」の記事が7段で載っていた。
京都出身の女性記者が、ある発掘調査で知った鬼門除けに興味を持って、記事にしたものである。

この発掘記事は京都新聞にも載っていたが、その時も「鬼門封じ」と記されていた。一応僕が研究したところでは、「鬼門封じ」よりも「鬼門除け」の方が一般的で(そもそもそれすら事例が少ない)、新聞で大々的に取り上げられるとそれが正しいように思われがちな恐れがある。だから今後とも、「鬼門除け」で統一していく。

因みに、このブログを見た記者から取材を受けたことが記事になっていて(上から3段目左部分)、そのなかでは「鬼門封じ博士」と呼ばれている。
これは朝日新聞デジタル版でも読むことが出来る。
敷地の角で「鬼門」封じ 京都にいまも残る厄除け法とは:朝日新聞デジタル

法泉寺Jun'21

f:id:mfujino706:20210610114244j:plain
f:id:mfujino706:20210610114233j:plain
このお寺は我が家の菩提寺であるが、
f:id:mfujino706:20080328153605j:plain
元々は柳馬場御池を下がった、今の御池中学の地に在ったのだが、戦後になって現在地に移転したと聞いている。
その旧地は見真大師親鸞聖人)の亡くなったとされる場所で、石碑が建っている。