標語・法語・訓語

願照寺Oct'21

毎年この時期になると全国どこかでこの文言を目にする。 しかも必ず、「こうありたいものだ」というフレーズもついてくる。

明覚寺Jun'21

月の行事を記したりと、法語と言うよりは掲示板の役割の方が重要かもしれない。 発信力に力を入れているお寺さんである。

願照寺Jun'21

上品蓮台寺には絵因果経という、絵で表すことによって仏教の教えを分かりやすく説いた国宝が残されているが、こちらはそれの現代版に近いかもしれない。

浄慶寺Aug'21

今日は秋のお彼岸の入り。 この法語はお盆に向けて書かれたものと思われるが、今の季節でも通じるところがある普遍的な言葉である。

青松寺

青森旅行(8月)の目的の一つは、このお寺を訪ねることにあった。 ご住職(僕らは親しみを込めて和尚さんと呼んでいる)は、本山(本門佛立宗宥清寺)での会議に参加するため、2,3か月に1回京都に来られる。その時は必ず松長で食事をされるので、いつの頃か…

法泉寺Jun'21

このお寺は我が家の菩提寺であるが、 元々は柳馬場御池を下がった、今の御池中学の地に在ったのだが、戦後になって現在地に移転したと聞いている。 その旧地は見真大師(親鸞聖人)の亡くなったとされる場所で、石碑が建っている。

弘誓寺Apr'21

滅多に通らない千本より西の下立売通にも、お寺が点在している。

瑞蓮寺Jul'21

調べてみると、句佛上人とは東本願寺23代法主であり、俳句に秀でていたことから、句佛上人と呼ばれたらしい。 祇園祭後祭の期間であったので、献灯が立っている。

常行寺Jun'21

お寺や教会、あるいは学校の門前には、標語・法語・訓語の掲示場を設置しているところが多い。そこには宗派本山から配られたポスターや標語の類を貼っているところもあるが、 このシリーズではそれらには興味を示さず、お寺などが独自に書いた法語等を掲載し…

金光教三条教会Jul'21

分かったような分からないような、、、? 「神様の世界 うそは通らぬ」だけは理解できる。

龍岸寺Jun'21

こちらの住職を知っているが、とても巧みな筆遣いならぬチョーク遣いである、彼が描いたのだろうか?

比叡山文化研究所

ちょっと古い、何年か前の写真である。

仏光寺May'21

言いたいことは分からなくもないが、もっとシンプルな表現方法はないものだろうか!?

天性寺Apr'21

説明不要かと。

願照寺Feb'21

ついに金太郎までもがコロナ退治に駆り出されたか!?

憶念寺Feb'21

池波正太郎の小説に出てきた文章かも知れない。 誰が言ったのかな?

蓮乗寺Apr'21

何年かぶりに訪れてみたが、前より難解な法語になっていた。

京都文教学園Feb'21

これがなかなか難しい

真蓮寺Feb'21

法語らしい法語である。

妙心寺Mar'21

妙心寺の大方丈(重要文化財)をお借りして、ミンナソラノシタの講演会「10年目の3.11会議」が開催されたのは、今では1か月以上前のことになる。

願照寺Mar'21

どうせなら、仏様が血圧を計っている絵の方がシュールだったかもしれない。

春浦院Feb'21

丸太町通に面するこのお寺も妙心寺の塔頭か? 門の奥に、立て蔀が見える。 昔のお寺や屋敷はみんなこのように昼間は門を開けて立て蔀を立てていたと、お雛様を拝ましていただいた冷泉家で教わった。

聖光寺Feb'21

一見その通りだが、何を言いたいのかと考えさせるところが、法語の面白いところでもある。

法泉寺Feb'21

このお寺は半月に1度更新されている。 聞けば、若いご住職が毎回自分の言葉で紡ぎ出しておられるとのこと。 個人的には、僕の好みのスタイルである。

しんらん交流館Jan'21

しんらん交流館は浄土真宗大谷派(東本願寺)の真宗教化センター で、東本願寺の北側にある。

法順寺Jan'21

その通り。心したいものである。

妙心寺Jan'21

妙心寺には46もの塔頭があるというから驚きである。そのほとんどが非公開なので、他の大寺院のように観光客が居ないので、静寂が保たれている(例外は退蔵院) 広い境内には電柱も見当たらないので、映画のロケにはぴったりである。3月7日(日)には、この…

仏光寺Jan'21

例によって、難解である。

願照寺Feb'21

今回は五七五の調べになっている。手法を変えたのだろうか?

東寺Dec'20

廻心とは難しい言葉である。またその実践も難しそう。 そう言えば、本来なら一昨日だった初弘法も今年は中止になってしまった。