出来事

蜘蛛の糸

蜘蛛の巣もここまで大きくなると、むげに壊してしまうのは忍びなくなってくる。 一種のアートと思えなくもない。 2年前の秋の日に撮影したもの。

今こそ聞きたい講演会・未来へのバトン

「100年先もみんなそらのしたで幸せに暮らしていてほしい」とミッションに掲げるミンナソラノシタの講演会が10月22日に開催された。第1部で講演予定の菅谷昭松本市長が新たな台風の襲来に備えて松本市を離れることができなくなり急遽不参加となるハプニング…

阪急河原町駅

この見慣れた表示も9月30日でお終い。 今月からは「京都河原町」と「大阪梅田」に変更になった。 外国から来た人が河原町を京都と認識できないからという理由らしいが、別にそこまでする必要があるのだろうか(現に、Osaka Umedaと表記されている)。 本音は…

仁和寺・観音堂

京の夏の旅で特別公開されている仁和寺に出かけてきた。 「幻の観音障壁画初公開」というキャッチに魅かれ、373年前の輝きが蘇ったという障壁画を拝観した。 この紐は堂内中央の千手観音菩薩の手につながっているというので、ひもを握って願いを唱える人が多…

彼岸の中日

心配された台風も去ったようなので、お彼岸の墓参りを行った。運よく(?)この日の朝にご近所さんからおはぎと桃をいただいたので早速お供えをした。 お墓から降りてきたところにある大谷祖廟(東本願寺で言うところの親鸞聖人の墓所)で、お揃いのラグビー…

花園ラグビー場

いよいよラグビーワールドカップ(RWC)が20日から始まる。最終のボランティアトレーニング(ベニュートレーニングという)が先月末花園ラグビー場で開かれたので参加してきた。ラストマイルと呼ばれる東花園駅からラグビー場までの道には、いろんな装飾が施…

特別公開スタート・藤野家住宅

いよいよ9月1日から特別公開が始まった。何しろ初めてのことなので、予想外のことが多く片付けなど事前準備に大いに手間取った。 それでも初日は日曜日ということもあり多くの人にご来場いただくことができた。 SKYのボランティアガイドさんが4名張り付いて…

シャガール

祖父の50回忌法要の後で、近所のフレンチレストランで会食した。この店は最近ミシュランの☆を取ったばかりである。壁にかかっているのは本物かと尋ねたら、30万円との答えが帰ってきた。 このお皿は2万円とのこと。ただでさえ慣れないフレンチ料理に緊張して…

第44回京の夏の旅

7月6日から 京の夏の旅キャンペーン が始まっている。今回初めて我が家も公開することにしたが、9月の1か月だけで現在はまだ公開していないのでご注意を。 プロが撮るとどこの家かと見間違うほどである。詳細はこちらから.

百万遍知恩寺・京文連総会

京文連(京都文化財等所有者連絡協議会)の総会が、百万遍知恩寺であったので出かけてきた。 百万遍知恩寺は浄土宗京都4か本山の一つで、京都大学の北に位置す。 仏さんの前にスクリーンを置いて会議するというのは、京都ではさほど珍しくはないが、一興であ…

要法寺May'19

今日、このお寺の池から9羽のカモが700m離れた鴨川まで歩いて行ったという記事が夕刊に載っていた。 www.kyoto-np.co.jp

町家解体

深草の疏水(鴨川運河というらしい)に面した民家である。いわゆる洛中ではないが、京街道(伏見街道)に沿って古い町家も多く残っている。こんな記事をシリーズ化したくないが、当分続くかと思うと口惜しい。

50年前の物価

終活をしていたら、東京へ出て大学に入ったばかりの時の小遣い帖が出てきた。 親が頑張って稼いでくれたお金を仕送りしてもらうのだから、無駄遣いをしないようにと始めたものである。 その殊勝な志は良かったのだが、結果が伴ったのかは甚だ心もとない。 当…

大徳寺・総見院

昨年12月に町内の行事で総見院の拝観に出かけた。 織田信長の一周忌に豊臣秀吉が建立したもので、信長の菩提寺とされている。 本堂 正門を入ってすぐのところにある井戸。 加藤清正が朝鮮から持ち帰った石で造られていて、掘り抜きの井戸と呼ばれている。 今…

ノーベル賞とゴルフ場

本庶佑さんが熱心な阪神ファンであるとともに、ゴルフの腕前も相当なものであるとの話は 受賞後いろんなところで報道されていた。 ぜひエージシュートをやってみたいと仰っているのがホームコースの京都ゴルフ倶楽部である。 倶楽部としても誇らしいことだろ…

地球最強のラグビー

「4年に一度ではない、一生に一度だ」というキャッチに乗せられて、 来年のワールドカップのボランティアに応募し、採用された。その1年前のプレイベントとして、10月末から11月初めにかけてbig gameが続いている。今日は世界一のオールブラックスに日本が…

弾丸献納報国大特売

昭和12年9月21日京都日日新聞に胃腸薬わかもとが全面広告を出している。 購入すれば、「あなたのお名前で、陸軍省に弾丸を献納できる」特典がついている。 その上に、「幸運者には勧業債券が貰える」おまけが付いている。別ページは、「皇軍猛進」の勇ましい…

奈良線遅延

京都と奈良という関西の2大観光地を結ぶ鉄道は、JR奈良線と近鉄京都線の2路線がある。 通常でも、早さ、運賃、本数のどれをとっても近鉄に軍配が上がる。ただでさえ、JRの方は複線化されていない区間も多く、踏切の故障や沿線の竹の倒壊等で しょっちゅう…

公開講座「禅とこころ」

毎週火曜日に一般も対象にした公開講座が花園大学で行われている。 今回のテーマは、チャップリン「街の灯」の禅のこころと題して、 映画(無声映画)のダイジェストを見ながらの講義であった。眼に見える世界=現実と見えない世界=妄想がある。 人間は普通…

最新大日本地図

大阪朝日新聞社発行の地図で、昭和7年頃の日本を表している。 赤く塗られたところが日本の領土である。朝鮮半島や台湾、南樺太やアリューシャン列島まで赤色である。 マーシャル群島やマリアナ群島、パラオ諸島まで大日本委任統治領とあり、 今では考えられ…

2019ワールドカップラグビー

来年日本で開催されるワールドカップラグビーのボランティアに応募したところ、 運よく当選した。花園ラグビー場で開催される4試合を担当することになるのだが、 何をするのかはまだ決まっていない。先月その説明会があったが、説明会と言わずにInterview R…

早稲田大学から感謝される

どちらかというと物持ちのいい方かもしれないが、 そろそろいろんなものの整理に取り掛かっている段階である。たまたま引き出しの奥から発見した51年前の入学時の物だが、明らかに必要ないので捨てることにした。 念のため大学に確認したところ、資料として…

台風被害

台風20号が近畿地方を通り過ぎた翌朝、壁が崩落しているとの連絡がお隣からあった。 この壁は、土壁の上にモルタルを塗ったもので、何十年も前の工事だと思う。 今度は元の土壁(聚楽)に塗り替えなくてはならないので大変である。京都市の景観政策課に見て…

文化財建造物における防火体制の徹底について

掲題の文書が5月18日付で京都市文化財保護課長名で送られてきた。これは4月24日付で京都府教育委員会が、各市町村の教育委員会あてに送った通知を受けてのものである。 これの元になっているのは、4月13日付で文化庁文化財部参事官名で各都道府県教育委員会…

筍掘り

日本一の筍の産地と言われる乙訓(おとくに)地方で、 長岡京市観光協会主催の筍掘りを体験した。同行は前の会社の関西在住同期者4名で、 地元長岡京市在住の西堀君が1日12名しかない狭き枠をアレンジしてくれた。 今日のフィールドはこちらである。始める…

エジソン記念碑

春の陽光を浴び、一匹の猫が気持ちよさそうに寝そべっている。後ろに建っているのはエジソン記念碑。 なぜエジソンの記念碑が石清水八幡宮にあるのか?エジソンが白熱電球を発明するに際して、フィラメントの素材を求めるため 世界中を探した結果、ここ男山…

東北の美味しいものを食べよう2018

立命館大学災害復興支援室から 「東北の美味しいものを食べよう」というイベントのお誘いがあり、出かけてきた。気仙沼漁港で獲れたマグロ類。美味であった。 イカにんじんも美味しかった。このサンマは絶品で、今度取り寄せてみたいと思う。 津波で流された…

80年目の「不本意な」移転

このブログでは、閉店を取り上げることはよくあるが、 この店の場合は移転である。「立ち退き要求により不本意ながら、、、」とあり、 いかにも無念さが滲み出ている。 建物自体は古そうなので、ゲストハウスか何かに建てかえるのかもしれない。

冷泉家慶事

先月のことであるが、冷泉家時雨亭叢書100巻の刊行記念と冷泉貴美子さんの古稀の祝いを兼ねた祝賀会があった。 ふとしたご縁で貴美子さんとお知り合いになり、時雨亭文庫の会員にもなったので出かけてみた。100巻の完成には相当な時間と経費を費やしたが、朝…

ザ・リッツカールトン京都

12月5日の国際ボランティアデ―に合わせて、ザ・リッツカールトン京都では クリスマスXブレックファーストというイベントが行われた。無料で朝食を味わえるのと引き換えに、福島の子どもたちのためにプレゼントを一品持ってくるというもの。 一番乗りは若い女…